ようこそ♪ 『セラピールームくすくす』の覚え書きです。

生き方が変わる時
2009-11-22 Sun 16:06

☆「アウト・オン・ア・リム」
シャーリー・マクレーン  角川文庫

女優シャーリー・マクレーンが「現実的な社会生活」から
「スピリチュアルな意識を持った生活」へどのように入ったか、
実体験を書いた本。
当時にすると、かなりの勇気が必要だったと思います。

スピリチュアルの世界へ興味を持って楽しく入る人もいれば、
抵抗の強い人も。
周囲で不思議な事が次々と起こり、
もはや「信じないわけにはいかない」。
割り切りが上手なら苦労しないのに、苦しい思いが続く。
しかもそんな事、誰にも話せない。
そんな人におすすめです。

別窓 |
「霊は実在するの?」
2009-11-19 Thu 16:47

「霊なんてほんとにいるの?」
「天国と地獄ってどんな所?」

今回、ご紹介する本は
☆「霊との対話 天国と地獄1~2」
アラン・カルデック氏  幸福の科学出版

フランス、19世紀後半、
真剣に交霊術を行うグループがありました。
霊とは何か。人は死んだ後、どうなるのか。
彼らはその内容を本にして公開。
今の時代でも貴重な本だと思います。

別窓 |
じっくり読む本
2009-11-15 Sun 13:13

11月10日は読みやすくて親しみやすい本、
11月12日は軽快で面白い神様との会話のブログ、
を紹介させていただきました。

今回は、
「もっとガッツリ読みたい」
「時間をかけてもかまわないので、何か読んでみたい」
とおっしゃる人にご紹介します。

☆「神との対話―宇宙をみつける自分をみつける―」
ニール・ドナルド・ウォルシュ氏  サンマーク文庫

聞いたことがある人もいるかもしれませんね。
世界中に翻訳された本です。

続編は
☆「神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる」
☆「神との対話〈3〉宇宙になる自分になる」
この後も続々と登場。

題名は厳かかもしれませんが、内容はある意味シンプルです。
一人の男(ニール氏)が神様に腹を立て、
神様宛に悪態だらけの手紙を書きます。
そこに神様からの返事がやってきた。
これが最初です。
ニール氏が神様に質問する。
神様が答える。
この形式で書かれています。
「自分が金持ちになれないのはなぜ?」
「こんなひどい状況に陥ってしまったのはなぜ?」
「なぜ?なぜ?なぜ?」
神様からの答えはユニークさに富み、あたたかくわかりやすいものばかり。
しかし、その返事は意外性に満ち満ちています。
親が教えてくれた事、社会で言われている事と違う!
そのため、ニール氏は何度も質問。
時には、くどいくらい質問(笑)
それが結果的に内容を深めていきます。

別窓 |
読みやすく親しみやすい本
2009-11-10 Tue 16:06

スピリチュアルには興味があるが、よくわからない。
しかし、不思議な事象は確かに起こっている。
天使ってホントにいるんだろうか。
自分にもわかるだろうか。

そんなお客様へ、親しみやすい本をご紹介。
お忙しい人でも、読みやすいと思います。

☆「エンジェル・エッセンス」
  Yumiさん  PHP研究所

題名を見ると、引いちゃうかな?
ブログを本にされたらしいので、
まずはブログ拝見からいかがでしょ。
同じ名称です。
リンクの許可はいただいていないので、
各自でご検索ください(笑)
現代に非常によく合っています。
数年前の本では、すでに古い事が多々。
人類全体の意識は、近年、大きく変化しています。

別窓 |
あなたのそばにちゃんといる
2009-01-23 Fri 17:42

霊に関する本の紹介です。

アリソン・デュボア
「愛する人の霊はいつもあなたのそばにいる」
原題 WE ARE THEIR HEVEN why the dead never leave us

アリソン・デュボアは米国の霊能力者です。
彼女の体験を元にドラマ化されたのが
「ミディアム」(霊媒者)

霊能力を使った公の仕事と、霊媒としての仕事をしています。
(今は執筆に専念かな?)
この本は、愛する家族を失った人々に
故人がすぐそばにいて「見守っているよ」と合図をくれる様子を、
いくつかのケースを出しながら教えてくれます。
その合図とは、音楽だったり、照明のチカチカだったり、
何度も現れる同じ言葉だったり、香りだったり。
(その合図イコール「今、誰々がそばにいる」ってことですから、
 偶然だ気のせいだと言わず、ぜひキャッチしていただきたい)

自分の家族が幸せである事を喜ぶとも書かれています。
誕生パーティなど、家族と共に笑い、共に祝っていると。

この本では亡くなった家族の霊ですが、守護霊たちも同じです。
守護者たちのほとんどは、過去において
あなたと強い結びつきがあった人達ですから。

別窓 |
直観医療
2008-11-01 Sat 15:11

直観医療に関する本の紹介です。

☆7つのチャクラ -魂を生きる階段
(原題:Anatomy of The SPIRIT)
キャロライン・メイス著

続編
・チャクラで生きる -魂の新たなレベルへの第1歩
(原題:Why People Don't Heal and How They Can)
・第8のチャクラ -聖なる契りが宿る場所
(原題:Sacred Contracts)
・思いやりのチャクラ -あなたが選ぶ行動が奇跡を起こす
(原題:Invisible Acts of Power)

☆病をよせつけない心と身体をつくる
         直観医療者からのメッセージ
(原題:Diary of a Medical Intuitive)
クリステル・ナニ著

☆サイキック・ドクター越智啓子の不思議クリニック
(漫画です。文庫本では全3巻)
原案:越智啓子 画:森村真琴、堆木庸

直観医療とはどんなものか、
癒しが起こるケース、起こらないケース、
エネルギー体(気)が引き起こす病気や症状、
エネルギー体を整えることで予防されるもの、改善されるもの、
などなどがわかるかと思います。
当然ながら、同じ直観医療でも、それぞれでやり方は違ってきます。
「こういうもの」という決め付けではなく、
「こんな感じなんだ」と受け取ってくださいね。

当ルームの大きな特徴は、

・遠隔でOK。メールで申し込み、メールで結果報告。
・本人でなくてもOK。
・動物も、亡くなられた人もOK。
・エネルギーワークである「サラウンドライト」に
組み込んでありますので、
不調箇所だけでなく、全体をフォロー可能。
・カウンセリング(視覚後の話し合いでより深く理解する)がない。
何をどう感じ、どう受け取っていただくかは、皆さん次第です。

となります。

別窓 |
数字
2007-02-13 Tue 20:14

たまに「数字の合わせがいい」って事がないですか?
時計を見たら、12:21だったとか、08:08だったとか、
あるいは自分の誕生日だったとか。
前を走っている車のナンバーがそろってた、とか。

そういう時って、天からの加護があるって合図らしいですよ。
「天から」という言葉がイヤなら、「ご先祖様」とか「守護霊」とか。
誰か。。。目に見えない何かの存在。。。が、
あなたのそばにいますよ、見守っていますよ、って合図らしいんです。

その中でも特に、偶然の数字の一致が気になった事はないですか?
「最近、この数字、よく見かけるんだよね」とか、
「どうもこのところ、この数字に縁があるな」とか。
ちゃんと意味があるらしいです。
びっくりですね。
知りたいと思いませんか?

☆ドリーン・バーチュー、リネット・ブラウン著
「エンジェル・ナンバー 数字は天使のメッセージ」

エンジェルとか天使とか聞くと、ちょっと引いてしまう?
著者が西洋の方ですからね。
「仏様」でも「観音様」でも、自分流に置き換えてみてください。

カタカナが多いので、人によっては、
その意味がよくわからない事があるかも。
スピリット。。。OK?
スピリチュアル。。。なんとなくOK?
ビジュアル。。。問題なし?
ビジュアライゼーション。。。OK?

では、
アファーメーション。。。どうかな?
これ、割と出てきます。
簡単にいうと、『意識的に、自分に前向きな言葉をかけること』
試験や試合の前に「やるぞ、やるぞ、やるぞ!」とか、
「私はできる、私はやれる、私は勝つ!」とか。
あれです。
幸せになるためのおまじない。。。で、OK?

別窓 |
前世療法
2006-12-17 Sun 16:23

「前世療法って興味はあるけど、今ひとつ、よくわからない」
と言う方に、おすすめの本です(^-^)

☆ブライアン・L・ワイス 著
  前世療法 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘
  前世療法 米国精神科医が挑んだ、時を越えたいやし(2)

アメリカの精神科医ブライアン・L. ワイス博士が、
どのように前世療法を知ったのか、どうして広める事にしたのか、
実際の治療体験を元に書かれています。

☆向井 明子 著
  前世療法ブック スピリチュアルなメッセージを受けとれる

前世療法セラピストである向井明子さんが書かれた本。
どんな人がどんな理由でセラピーを受け、どのように変化したか、
症例が載っています。
チャート式で、一番多かった前世の形
(宗教家タイプ、学者タイプ、アーティストタイプなど)が
わかっちゃうのも楽しいところ。
しかも、どうすれば運がアップするのかも教えてくれます。

別窓 |
| くすくすノート |