ようこそ♪ 『セラピールームくすくす』の覚え書きです。

「人間すべてがギブ&テイク」テイク編
2011-01-06 Thu 20:45

一番使いやすいと思うブログは、FC2さんのブログです。
だから、お借りしたんですが。。。
1ヶ月以上更新がないと広告が入る、
なんてのは後で知りました。
というわけで、こうして1ヶ月に一度は
何か書き込みをとムリヤリに。
そのうち、ネタが尽きる。。。でしょうな。

さて、今月は「人間すべてがギブ&テイク」。
与える、もらう。
このバランスが大事。

「ギブ&テイク」と言うと、ギョッとする人がいます。
物品や金品だけのやり取りだと思い込んでいらっしゃる。
「ギブ&テイク」
すべて。
すべてです。

精神的なもの、心、エネルギーなど、
目に見えないものも含めます。
具体的に言うと、ぬくもり、あたたかさ、思いやり、優しさ、
元気、強さ、やる気、えーと。。。略。

「おはよう!」と声をかける。「おはよう」と返事を受ける。
これがギブ&テイク。
「お茶、どうぞ」と出す。「ありがとう」と返る。
ギブ&テイク。

「ハンカチ落とされましたよ」と声をかけられ、
「あ」と思った時にはその人はもう人ごみの中へ。
ギブ&テイクならず。
どこかで別の人に同じ親切を返す。ギブ&テイク成立。
その人がまたどこかで親切を。。。

自然界では自然に行なわれます。
虫が花粉を集める→受粉
動物が実を食べる→種子が移動先で排泄され繁殖

人間は自分の意思でギブ&テイクを行なえます。
この成立は生きる基本です。

「与えるだけ」イコール「失っていくだけ」。
すなわち枯れていく、死んでいく。

「もらうだけ」は、上手に処理していかないと混乱を招きます。
すなわち自分を見失う、自分がなくなってしまう(死)

「もらう」はそんなに大変なのか?と思われた人。
テイクについて書きますね。

新入社員のAさんが職場で小さなミスをし、上司に怒られました。
「何やってんだ、このバカ!役立たず!」
上司はAさんに良い社員に育ってほしいから怒ったんですよね。
ギブです。
しかしながら、新入社員で
「怒ってもらえてありがたい」
なんて感謝する人はいませんよね。
下手すると、
「なんでそんなんでここまで言われなきゃならないんだ?」
あるいは
「あ~、自分はもうダメだ。やっていけない」
なんて事も。
罵声まですべてをテイクすると、重くて大変。
何をどこまでテイクするか、「選択」が必要になってきます。
それは適切で適量がいい。

よくあるのが、他人からの良かれと思った小言や苦言の
過剰なテイクです。
くれた人は、こう言います。
「アンタのために言ってるのよ」

言われた側が『優しい人』の場合。
自分の心を殺して相手の言動をすべてテイクしちゃいます。
「自分のために言ってくれたんだから」
実は必要なテイクは、「アンタのために」という
その言葉の裏にある『愛情』だけです。
愛情だけをテイクして,他はスルーでかまわない。

「もうほっといてくれ!」と叫ぶ人もいますよね。
常に不要なものまで、すべてをテイクしてきた人です。
いっぱいいっぱいでもうどこにも
テイクするスペースがないんです。
優しさもぬくもりも、
何一つ受け取る事ができない。
かなり厳しい状態です。

他、「性格的にテイクが苦手」という人もいます。
長い間、自分がギブするばかりで、
他人からテイクされた事がない。
だから、どうしていいかわからない。
テイクする事に極端に拒否反応を示します。
そして枯れていく。

バランス。
バランスが大事なんです。
ギブもテイクも同等に同量に。

「必要なもの不要なものの取捨選択ができない」
「もういっぱいいっぱいで苦しい」
そういう人は何度でもセッションを。

「受け取れません、ちょうだいできるような身じゃありません」
「自分一人で大丈夫。なんとかします。してみせます」
そういう人は、テイクにチャレンジ。
陽の光を浴びる、美しい月を見る、おいしい食を味わう。
それを「受け取っている」と意識するだけでOK。
それに慣れたら、次は「どこから受け取っている?」に
意識をアップ。

当ルームのサラウンドライトは、
不要なものを整理しスペースを空けます。
必要なものを贈り、調和させます。
エネルギー体に何があったか、どうなったか、報告書付き。
「サラウンドライトをテイクしたい」と思ったら、ぜひどうぞ。

別窓 | 閑話
| くすくすノート |