ようこそ♪ 『セラピールームくすくす』の覚え書きです。

KAMONSさんが「鈴茶館」さんへリニューアル
2011-02-15 Tue 15:36

京都のKAMONSさんが、
鈴茶館」さんにリニューアルされました。

現在、新しい教室の工事が着々と進行中とのこと。
3月には正式オープンされる予定です。

鈴さんが開催される
直感教室やコアパターン・チェンジプログラムなど、
「直感を鍛えたい」「負の意識を変えたい」
という人におすすめです。

直感に従って生きるとどうなるのか?
鈴さんの不思議で楽しい体験実況ブログはこちら

別窓 | サイト更新案内
「人間すべてがギブ&テイク」その2
2011-02-03 Thu 13:23

「ここのブログ見るのは初めて」という人のために前置き。
誤解か多い言葉ですからね。ギブ&テイク。
ギブ&テイクとは、物品や金品のやりとりばかりではありません。
精神的なもの、人間的な心、エネルギーなどの
目に見えないものも含みます。すべてが対象です。

前回、テイクについて述べましたので、今回はギブを。

「◯◯してあげたのに」

時に耳にします。
ええ、親切心からされたんですよね。
その人のために良かれと思って。
時間もお金も労力もいとわず、自分のためじゃなく
相手のために努力したんですよね。
なのにテイクがなかった。
アホらしいですよね。バカみたい。
ただ相手の喜ぶ顔が見たかっただけなのに。

ギブはね、ギブは実は奥が深いんです。
適切に適量にタイミングよくしませんと。

たいていの場合、無視するかギブし過ぎです。
無視している人は、
・他人にかまっている場合じゃない
・あるいはギブの難しさを知っている
(「このケースでは自分にはギブできない」とわかっている)
だったりします。

心ある人は、後々、悔やみます。
「何かできなかったのか」「本当に何もできなかったのか」
後悔するよりはしない方がいいので、
遠慮のない相手の場合(家族や恋人や仲良しの友人など)、
今度はギブしすぎちゃうんです。
自分の持っているものすべて、あげられるものすべてを贈ろうと。

ここでテイクが返って来ない理由。
1. 後悔したくないのを見透かされている
 (「それ、アタシのためじゃなく自分のためやん」)
2. 相手がテイクの仕方がわからない
3. 相手がテイクできない性格

2と3の人には、当方のセッションを
軽くおすすめいただくとして(笑)
1に焦点をあてましょう。

この場合、相手は単なる被害者になってしまいます。
親切の被害者。
これねえ、逆の立場になるとよくわかるはずなんです。
「そんなんしてもろても困るわあ」とか
「こんなんいただいてもどないしてええか」とか。

「この気持ちを受け取って!アンタのためにしたのよ(ニコニコ)」

そういう気持ちがある場合、
「それ」は相手がもらって本当に嬉しいものか否か、
再考してみてください。
自分が「あげたい」だけなのか、本当に相手に必要なものなのか。

ええ、ギブは奥が深くて難しいんです。

でね、考えに考えて、良し!と行動を起こしたのに、
テイクされなかった場合。。。
その相手とのお付き合い自体を考え直してみてください。
あなたにふさわしい相手でしょうか?
あなたの時間や労力、時には金銭、精神、心。
それを削る価値のある相手でしょうか。

「ギブしすぎていた。辛い、悲しい、虚しい」
「頭がごちゃごちゃして考えられない」
そういう人は。。。
さあ、セッションをテイクして。
バランスを取り戻しましょう。

別窓 | 閑話
| くすくすノート |