ようこそ♪ 『セラピールームくすくす』の覚え書きです。

思考のループ
2013-01-06 Sun 13:03

1ヶ月以上、書き込みがないと、
広告が出てしまうFC2さんのこのブログ。
いかにも放置しています状態になってしまうため、
ムリにネタを書き込むmaki。
カテゴリは「閑話」です。




困難や苦難が長期に続くと、
心はうつむいたままになり視界が狭くなってしまいます。
そうなると、AかBかの極端な選択肢しかなくなったり、
思考がグルグルとループにはまったりします。

前回は「選択肢はAorBだけではない」という話をしました。
今回は「思考のループ」について。

大きな問題に向かうには、
小さなステップを乗り越えていく必要があります。
プランA、B、C、Dとしましょう。
時間もかかるし、精神力も忍耐も根気もパワーも必要です。
思考がループにはまってしまった人は、もはやそんな力はありません。
最後のプランDだけを思い描くようになります。
ある日突然、魔法のようにパッと解決するような、
そんな気さえするようになる。
そうなってくれたらいいな、そうならないかな。神様、お願い。
結果、いつまでも行動に移せない。
行動に移すよりも苦痛に耐える方がまだラクだから。
そのうち、これ以上はもう耐えられないといった限界まで追い込まれる。
その時になって初めて相談に入る。

「この問題に対してプランDを考えているんだけど、どうかな?」
いいですね。どうしてしないのでしょう?
「だって、Cという問題があるから」
なるほど。それじゃCに対してはプランCはどうでしょう?
「いいね。それならできそう。あ、でも待って。BやAの問題もある」
では、BにはプランB、AにはプランAでどうでしょう?
「そうか!ああ、いいね。そうかそうか」
じゃあ、さっそくプランAからどうぞ。
「いや、待って。AをするならDはどうなる?」
プランA→B→C→Dでいくんですよね。
「そうか、そうだったね。じゃあ、Aからね」
はい。
「あ、でもCはどうする?Bだってある。問題だらけ。
 ダメだ。あ〜、も〜、何をどうしたってダメなんだ」
ループ。
長期に渡って一人で考え続けたため、連続性が掴めないまま、
個別の問題としてすっかり頭に刷り込まれてしまったんですね。

この時、プランAだけに集中してもらいます。
Aの結果で、次のプランに移ります。
臨機応変にBプラスやBダッシュやB2などに変更していきます。
頭も心もガチガチになっていた時に作成したプランですから、
そのままスイスイ進む事はあまりありません。
予想外の事が起こる事がしばしば。
しかし、ループから抜け出せば、どんな方向であれ進み出します。

本当に解決したいのか、その苦難から学び取る何かがあるのか。

ご本人が「この状況を変えるんだ」と思わない限り、
その流れが始まりません。いつまでもループです。
いったん流れが始まり、それを感じれば、
まさに「流れに乗って」流れるように進んでいきます。
そういう体験を実際にされた事はあるでしょう。

よく言われますが、プランに対し、
「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」です。
やるだけの事をやれば、思考も変化します。
新しい思考によって、新しい流れができます。

真の解決方法は激変的なDプランだけだと長期に思い込んでいた人は、
小さな1歩であるAプランに進んだとしても「何も変わってはいない」と
さらに落ち込む事があります。
Aプランの結果により、次が始まります。
起こした行動の結果が自分の思う方向へ進まなかったとしても、
変化は確実に起こっています。

乱雑になっている思考を整理するお手伝いは、
心理カウンセリングやコーチングで受けられます。
「内に溜まったものを吐き出してスッキリしたい、ただそれだけ」とか
「誰か一人でも、自分のこの苦痛を理解してほしい」などの場合も
心理カウンセリングが有効です。
(カウンセラーによって、次々にアドバイスを提示する人や
 傾聴に重心を置く人など、それぞれに特性があります。
 自分に合った人を見つけて下さい)

体調に影響がある場合は心療内科を受診してみて下さい。
(内服中心、カウンセリング中心、その中間など、
 医師によって特性があります)

「子供時代に似ている」「よくこんな状態になる」
「目に見えない何かの力が働いている気がする」
など感じる場合は、インナーチャイルドヒーリングや前世療法、
当ルームでしたらサラウンドライトをどうぞ。

他、「何か加護がほしい」でしたらスペシャルトリートメント、
「エネルギー体(オーラ)がガチガチになってる気がする」時は
エネルギーヒーリング、
「抱え込んでるものをスッキリさせたい」という場合は
インフュージョンをどうぞ。

内部が軽くなれば、ものの見方も言動も変化します。
ひょいといい案が浮かぶ事も。

数年経ってから
「どうしてあの時、あの考えに縛られていたのだろう?」
と、不思議に思う時が来るでしょう。

別窓 | 閑話
| くすくすノート |