ようこそ♪ 『セラピールームくすくす』の覚え書きです。

「決定」に迷った時
2014-06-07 Sat 13:03

1ヶ月以上、書き込みがないと、
広告が出てしまうFC2さんのこのブログ。
いかにも放置しています状態になってしまうため、
ムリにネタを書き込むmaki。
カテゴリは「閑話」です。




大きな変動期を過ぎた人達が
新しい人生を始めるために動き出そうとした時、
その「決定」に大きく迷う事があります。

右に行くか、左に行くか。

☆第1のケース

散々に手痛い目に遭ってきたため、
「絶対に失敗したくない、いや、失敗はできない」
という心理に囚われています。
行動的だった頃のあなたなら、思い切って決断し、
例えそれが失敗に終わったとしても
「自分で決めた事だから」と納得できた。
なのに今、迷いに迷って進めない。

過去のブロックが原因です。
何を迷っているのか、なぜ迷うのか。
以前に似たような人生があり、
多くを失ったり命すら失ったり。
加えて、子供時代に周囲に手ひどく叩かれ、
自立心や勇気、判断力や行動力といったものを
削がれてしまった。
今、似た状況に陥り、深層意識で
それらの当時の記憶に強くリンクしてるんですね。
「失敗すれば後がない」

これは、足を引っぱるために起こっているのではなく、
そのブロックを昇華するチャンスとして起こっています。
どこかで不安や恐怖などを感じて前に進めない時、
積極的に様々なセッションをご検討ください。
ブロックを昇華して落ち着けば、
ふっと「こうすればいいんじゃない?」と
突然に判断がスキッとし、行動力も出てきます。


☆第2のケース

1とは別に「なぜか、その気になれない」
という場合もあります。
「そんな事を言ってる場合じゃない。
 進まなくっちゃ。やらなくっちゃ」
「した方がいいに決まっている。わかっているのに。
 どうして自分はこんなグズなんだろう」

この場合は「今は時期ではない」と思って下さい。
あなたの直感がそう告げているんですね。
「いつかする事になるだろう」と思われたら、
その下準備だけ済ませておけばいい。
実際にやる時がきたら、それを土台にまた準備を始めればいい。

1との区別は、「今じゃないんだ」と思った時に
すんなり納得するか否かです。


☆第3のケース

すべての準備が揃っていて、
あとは決心するだけだという時。
その決心がつかない。

この場合、「真の道は別にある」です。

1や2との区別は、
「うまくいかない事ばかり」だったり
「次々に、まるでジャマされているかのように先が閉ざされる」
だったりします。
「どうして、そこでそういう問題がまた出てくるの?」
しまいには「何かがおかしい。何かが変だ」
と、はっきり感じるでしょう。
こういう時は、いったん手を引いてみましょう。
「今を逃したらもう時期はない」と焦りがあれば、
なおの事「縁がなかったんだ」とあきらめましょう。
以前のあなたなら、同様に潔く判断したはず。

   ☆  ☆  ☆

大きな変動期を過ぎても、
まだ自分自身の変化が済んではいないんです。
つまり、あなた自体の変動が継続している。
半年後にはまったく違う事を希望するかもしれない。
好みや理想がゴロッと変化するかもしれない。
自分を理屈でごまかしたり自分にウソをついたりして
ムリに突き進んでも、その先、うまくいくはずがありません。
タイミングを見計らい、
「何かが変だ」と思えば手を引きましょう。
恐れや不安に追われる時は
必要だと思うセッションを受けてスッキリしてみましょう。
当ルームでしたら、1はサラウンドライト、
2はインフュージョン、
3はインフュージョンかサラウンドライトでどうぞ。

別窓 | 閑話
| くすくすノート |