ようこそ♪ 『セラピールームくすくす』の覚え書きです。

言葉の選択2
2015-07-27 Mon 13:03

祈りごとをする時、日本語の表現として
「◯◯でありますように」と言いますよね。
これをそのまま心から真剣に言っちゃうと、
天や宇宙には通用しません。

宇宙の基本原則
「本人意思が最優先」

例えば、多くの人が
「世界が平和でありますように」と祈るでしょう。
この文章を丁寧に完成させるとこう。
「私は世界が平和であるようにと願っています」
聞いた方はこう。
「そう願っているんですね。叶うといいですね」
「あなたの願いが叶うよう、私も願っています」

ん〜〜〜、じゃあ、誰がその願いを叶えてくれるんでしょう?
はい、誰もいません。どこにもいません。

日本人は国民的に
「相手の希望を先に読んで、それを上回るサービス」
をするように叩き込まれています。
その中で育つと体験の中で知らずに学び、
人に対してそうするものと身につけていきます。

スマートなサービス、
行き届いたサービス、
きめ細かなサービス。

素晴らしいですよね。

しかし、天や宇宙は成長を促し見守る存在であり、
そのための手伝いならしますが、
意思をくんでの裁量のサービスなぞしないのです。

祈る時はこう。
「世界が平和であるように」

断言したいなら「世界が平和であれ」。

そうすると、
「この人はそういう世界を望んでいるんだ」
と手伝ってくれます。

人と話す時やメールの文章で伝える時などでは、
そのように表現するとマズイ事がありますよね。
例えば、相手の健康を気遣っての言葉。
「早く元気になりますように」
→「早く元気になるように」「元気であれ」

例え、その先に「と祈っています」と付けたところで、
相手によっては目上目線あるいは古めかしい表現。
「アンタ、何様?」になってしまう。

自分できちんとわかっている時は、
便宜として「◯◯でありますように」と使っても大丈夫。
本当に祈る時だけ言葉を変えればいい。
言葉による表現が難しければ、イメージするだけでもいい。
そこら辺は、天や宇宙は柔軟で臨機応変に富んでます。

別窓 | 閑話
| くすくすノート |