ようこそ♪ 『セラピールームくすくす』の覚え書きです。

物事にはすべて理由がある
2013-03-09 Sat 13:05

1ヶ月以上、書き込みがないと、
広告が出てしまうFC2さんのこのブログ。
いかにも放置しています状態になってしまうため、
ムリにネタを書き込むmaki。
カテゴリは「閑話」です。




「あの人、どうしてああなのかしら?」
物事にはすべて理由があります。
その理由を知った時、なぜか人は納得し、許す事ができます。

例)「同居の舅が金にこまかくてうんざり」というAさん。
お舅さんは子供時代、貧乏で、何度も嫌な目にあった。
その数々の詳細を知ると「仕方ない事なんだ」と理解し、
今までのように不快に思う事がなくなる。
Aさんの言動が変化した事で、舅の言動も変化していく。

理由は一つではなく、複雑に絡み合っている事もあります。
上記の例で続けると、
・両親も同様の子供時代を送り、お金にこまかい事が当然であった。
幼い頃からその両親を見て育てば、当人にとっては普通の事となる。
そのまた両親も、そのまた両親も同様であった。

・前世で、金銭苦による厳しい人生が幾度も続いた。
1.子供の頃に奴隷として売られた。
2.不作が続き、餓死の手前の状態で、
 村中に食うか食われるかの不穏な空気が充満。
 半狂乱のまま死亡。
3.貧富の差による不遇を、就職、恋愛、病気などに渡って体験。

・前世で、貧乏ではなかったが金銭絡みの辛い体験を何度もした。
5.経理担当だったが帳簿が合わず、厳しい取り調べの末に死罪。
6.勤務先で大金が盗まれ、嫌疑がかかり追いやられた。
 家族共々、村八分に。
7.友人のために大金を貸したが、友人はそのまま逃亡。
 娘を売らざるを得なかった。

・上記の前世1〜3で発生したインナーチャイルドが、
 現世でインナーチャイルドを新しく発生させた。

・上記の現世のインナーチャイルドから別のインナーチャイルドが派生。
 それぞれからインナーアダルトが発生。

一つのテーマで、数回に渡ってのセッションを繰り返す事になります。
それが終わったら「次」が表出する事があります。

例)舅の深層心理の中で「自分を苦しめた奴らが許せない」
と、怒りの感情が発生。
自分より裕福そうな人物や金銭を扱う業者に対し、
敵意の目を向け、捨て台詞を吐くようになった。
何かの拍子に突然、怒り出す。
Aさんの両親や近所の人は「何、この人?!」と驚き、
Aさんをチラっと見るように。
「も〜、勘弁して」
  ↓
セッションにより昇華
  ↓
今度は「なぜ、辛い目に遭わなければならなかったのか」
という悲しみが噴出。
「こんな自分は社会的に価値がない」と、投げやりでいじけた態度に。
Aさんの夫、つまり息子は父のそんな言動に、
「なんで、そんななんだよッ?!」とイライラ。
  ↓
セッションにより昇華
  ↓
Aさんの義妹、つまり娘が父親の元に頻繁に現れ、
小遣いをせびるようになった。
Aさん夫婦もお舅さんも「なんでこんな事に?」と頭を抱えるように。
実は前世7で、父の借金のために売られた娘だった。
「アンタのせいでアタシは苦労したのよ。
 これくらいの金、もらって当然じゃないの」

義妹さんは、これまたお舅さんと同様に複雑に絡んでいる場合があり、
1回のセッションでは終わらない事もあります。
そうしている間にAさんの夫にも
「親父のせいでいつも俺が苦労する!(前世3、5、6で息子だった)」
と、怒りが噴出する事もあります。

ここでは間にセッションを挟んだ形で書きましたが、
実際には、生き方や人生プログラムによって清算される事もあり、
こうした「これが解決したら次はこれ」といった連鎖の変化が続いていきます。

「なぜ、こんな事に?」「どうして、この人ってこんななの?」
すべてに理由があります。
関連記事

別窓 | 閑話
| くすくすノート |