ようこそ♪ 『セラピールームくすくす』の覚え書きです。

物を片付ける
2013-12-02 Mon 13:03

1ヶ月以上、書き込みがないと、
広告が出てしまうFC2さんのこのブログ。
いかにも放置しています状態になってしまうため、
ムリにネタを書き込むmaki。
カテゴリは「閑話」です。




変動期に突入し、それから少し落ち着かれた人は、
それまでの慌ただしい中の物品が
乱雑に溜まり込んだ事に気付きながら、
片付けようにもどこからどう手をつけていいかわからない、
そんな状態になります。
今回の話は、その時期の方達に向けて。

これまでの人生の物品が入り混じり、
さらに人生が変わった事で新しく物が増えていく。
まだ使える、他に誰か使う人がいるかも、
リサイクルできるかも、
ネットオークションに出せるかも、
「今」のゴミ出し方法ってどうなってたっけ?

一つ目のポイント。
『片付けたくなる時が必ず来る』。
それまでは片付けなんぞ後回しで、
他の事に時間を使って下さい。
ぼーっとしたり、趣味事に没頭したり、寝続けたり。
肉体も頭も酷使しすぎて、余裕がない状態なんです。
「片付けねば、やらねば」はサラッと流しましょう。
数年かかったって、たいした事じゃありません。
必ず、時期が来ます。

心身に余裕が出てきた頃。。。
イメージして下さい。二つ目のポイントです。
「災害や火事ですべてを失った」と。
その時、一から物を集め始めますよね。
本当に必要な物から。
落ち着ける場所、茶碗、箸、コップ、お茶、
洗面道具、タオル、トイレットペーパー。
少し経つと、衣服、冷暖房、照明、洗濯機などの家電。
日を追って、どんどんイメージしていきます。
食器棚、タンス、カーテン、食卓。。。
基本が整ったら、はい、ここからが重要です。
「これ、また同じ物を買い直すだろうか?」

いいや、絶対に同じ物は買わない。
買うとしても違う物にするだろう。
そう思ったらサヨナラしましょう。

「人様にいただいた物だから」
どんなに大事にしていても
使用していればいつかは処分するほどに
ボロになってしまいます。
「充分に使った(お気持ちをいただいた)」と
有難く感謝してサヨナラしましょう。

最初はボールペン1本でもいいんです。
Tシャツ1枚でもいい。
「あ、これ、もう絶対に使わない」
そう思った物からポイします。
ここ、三つ目のポイントです。
捨てるのは1個でもいい。

「片付けたくなる時期」は何度もやってきます。
始まったら、そのまま波に乗って下さい。
デスクの引き出し一つでもいい、
靴箱の一段だけでもいい。

物が一つなくなった状態に慣れると、
「次に捨てる物」が見えてきます。
捨てる事を何度か繰返すと、
「捨てる」という行為に慣れていき、
やがて快感に変化します。
「他に捨てる物はない?完全に不要って物はない?」

まだ使えると思っていた物が
すでにボロボロである事に気付いたり、
なんでこんな物を大事にしていたんだろうと謎に思ったり。

部屋(家)の中の状態は、
エネルギー体の状態を反映します。
自分で一つ一つ向き合って整理するのは、
自己ヒーリングと同じ。
物品には当時の思考や思い出が染み付いています。
そうとわかろうがわかるまいが。
物を捨てるというのは、過去の自分とサヨナラする事。

だから、ムリにしなくていい。
自分で納得した時でいい。

「これ、完全にいらない」
そう思った物からサヨナラしていきましょう。
一つ処分したら「一つ整理したぞ」と
自分の行動を認め、評価しましょう。
関連記事

別窓 | 閑話
| くすくすノート |