ようこそ♪ 『セラピールームくすくす』の覚え書きです。

本当の幸福とは何か
2014-11-06 Thu 13:03

主婦に多い願いに「家族皆が幸せに」というのがあります。
「それだけが私の願いです」と。
「そうなってくれれば、他に言う事はない」と。

具体的にどんな状況かと尋ねると、
「子供達は素直で、よく勉強して運動もできて、
積極的で何も言わなくても宿題をして、
テストで良い点を取って、成績良くて、
お手伝いもすすんでやってくれる。。。」
「夫は健康で立派な社会人で、
家にしっかり給料を入れてくれて、
子供の面倒見が良くて、家事も手伝ってくれて、
それなりの家に住まわせてくれて。。。」

「それだけでいいんです」

それは。。。
「幸福」じゃなくて「希望」または「夢」です。

家族の中心的存在である母親がそう宣言した場合、
たいていの家族は何も意見が言えなくなります。
誰よりも家族の事を想っているのに
愛が支配に変わってしまう不思議。

結果、その「幸福」を真剣に目指すのは
母親だけになってしまいます。

「私がこんなに頑張ってるのに、皆が協力してくれないッ!」
「お母さんだけが頑張っても仕方ないのよッ!?」
虚しさ、イライラ、不満、ストレス。

ここで再確認してみませんか。
あなたの本当の幸福って何でしょう?

自分でわかっていないから、外(他者)に求めてしまう。

もう一つ、確認してみましょう。
夫の幸福って何でしょう?
あなたが考える幸福ではなく、
夫自身が「これが幸せだ」というもの。
子供の幸福は何でしょう?
ついでに子供の夢や希望は何でしょう?
決してあなたの思い込みのものではなく、本当の、です。

「知らない」または
「知ってはいるが、そんなの協力できない」
それとも
「家族の意見なんて関係ない。私が正しいのだから」

「少し、考えてみた」という人、
さらに探求してみて下さい。
あなたにとっての「本当の幸福」とは何なのか。
知らなければ到達できない。
ええ、永久に幸せはやって来ないんです。

関連記事

別窓 | 閑話
| くすくすノート |